Archive

Posts Tagged ‘赤み’

肌の赤みを治す漢方はありますか?

10月 20th, 2014
コメントは受け付けていません。

FAQ

Question

肌の赤みを漢方薬で治す事は可能でしょうか?

Answer

可能です。
肌の赤みの原因は様々なので、処方される漢方も変わってきます。
自分の肌のタイプに合わせたものを選べるので、肌の赤みは体質だとあきらめていた人にも、一度漢方を使ってみることをお勧めします。

詳細

人前で赤くなりやすい、怒ると顔が赤くなるタイプに

知栢地黄丸(ちはくじおいがん)、天王帆心丹(てんのうほしんたん)、慈陰降火湯(じいんこうかとう)には、体の興奮を落ち着かせる効果があります。
興奮状態になると体内の血液の流れが激しくなって、肌が赤くなります。
そのため、まずは漢方によってその興奮を抑えるように働きかけるのです。

気温差に弱い、お酒に弱いタイプに

桂枝茯苓丸(けいぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)には、血液の濁りを改善させ、血流をスムーズにさせる効果があります。
気温差に弱い人、お酒に弱い人の中には、血液中に栓が溜まって血流が滞っているせいで血管が広がりやすくなっていることが考えられます。
それらを解消して、血を流れやすくしてあげることで肌の赤みを防いでいくのがこの漢方の特徴です。

汗をかくと顔が赤くなるタイプに

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は皮脂の分泌を抑えます。
皮脂が過剰に出ることで酸化が起こり、肌が赤くなるような炎症をつくるのです。
それを官報で抑えることによって、肌の赤みを治すのです。

肌荒れ・みんなのQ&A , ,

肌の赤みをメイクで隠すには?

10月 19th, 2014
コメントは受け付けていません。

FAQ

Question

肌の赤みをメイクで隠すにはどのようなことに気をつけたらいいでしょうか。

Answer

肌にファンデーションを塗るだけではなく、ベースメイクに緑系のものを取り入れましょう。

詳細

緑色を取り入れるのがなぜ効果的か

ベースメイクに緑色を取り入れることは、人の肌の見え方をうまく活用した方法です。
赤に緑を重ねた光は、人の目に入ってきた時には黄色として認識されます。
そのため、赤みの強い肌に緑に近いメイクをかぶせることで、程よい人肌に近づくのです。
ベースメイクの多くが人肌に近い色をしているので、緑色は意外かもしれません。
しかし、実は多くのメーカーから、緑系のベースメイクが出されています。

緑色の使い方

一口に緑といっても、メーカーごとに細かい色合いも、成分も違うので、自分の肌色や肌質に合ったものを選ぶことが大切です。
使うときには、赤みの目立つ頬などから中心に広げるように塗りましょう。
少しの量でも十分に効果を発揮するので、塗りすぎには注意しましょう。
隠そう、隠そうと意識すると、つい何度も重ね塗りをしてしまいます。
しかし、ファンデーションも、緑系のベースメイクを薄く伸ばした上からさっとひと塗りするだけで十分効果的です。

肌荒れ・みんなのQ&A , ,