Home > 肌荒れ・みんなのQ&A > 毛穴パックは肌に負担をかけない?

毛穴パックは肌に負担をかけない?

11月 7th, 2014

FAQ

Question

毛穴のつまりをとるために毛穴パックを使っています。
肌にとって負担になるようなことはないでしょうか。

Answer

使用頻度とアフターケアに注意すれば、肌への負担は軽減することができます。

解説

毛穴パックは2種類

はがし取るタイプのパック

はがし取るタイプのパックは、シートタイプのパックを濡らして気になる箇所に張り、乾燥したらはがすというものです。
高い吸着性により、毛穴に詰まった汚れや角質を根こそぎ取り除くことができます。
しかし、同時に必要な肌の表面の角質や油分、水分も除去してしまいます。

洗い流すタイプのパック

洗い流すタイプのパックは、大地の粘土層からとれる粘土を原料にしたパックです。
吸着性や抗炎症作用、殺菌作用が毛穴のつまりの除去に効果的だといわれています。
はがし取るタイプのパックに比べると、肌への負担は小さいです。
しかし、洗浄力が非常に強いため、肌の水分や油分の一緒に洗い流してしまうことがあります。

どちらのパックにも共通する注意点

パックが終わったらすぐに保湿ケアをするようにしましょう。
パック後の肌は角質がはがれ傷ついていたり、潤いが不足した状態になっています。
せっかくパックで毛穴のつまりや角質の汚れを除去した後に、再びニキビができやすい肌にしないよう、アフターケアに気を付けましょう。
パックの使用頻度は、肌の新陳代謝の周期に合わせて1~2か月に1度程度にとどめましょう。

肌荒れ・みんなのQ&A ,

Comments are closed.