Archive

Archive for the ‘妊婦・赤ちゃんの肌荒れについて’ Category

赤ちゃんにのスキンケア!

10月 17th, 2014
コメントは受け付けていません。

赤ちゃんのスキンケアとは?

赤ちゃんのスキンケア商品の選び方として一番のポイントは、安全性です。
なるべく刺激の少ないものを選びましょう。
お母さんが使っている化粧品の中には、余計な香料や化学成分が含まれているものが多いため、赤ちゃん用の化粧品を使うことが一番です。

成分に注目!

成分表示を見て、化学成分よりは天然成分を配合しているものを選ぶほうがいいでしょう。
香料や着色料、アルコールなども、肌への負担が大きくなるためできれば避けた棒がいいでしょう。
防腐剤は品質を保つために必要な場合もあるので、それほど神経質にならなくてもいいでしょう。
天然の保湿成分としては、椿オイルやミツロウ、カミツレなどの成分があります。

性状に注目!

保湿目的の化粧品として「ベビーローション」「ベビークリーム」「ベビーオイル」があります。

ベビーローション

化粧水タイプと乳液タイプがあり、一般的に乳液タイプのほうが高い保湿力を持っています。
保湿力はクリームタイプに劣りますが、伸びがよく肌になじみやすい特徴があります。
乾燥が気になる場合はクリームタイプやオイルタイプを併用することをお勧めします。

ベビークリーム

ローションタイプよりも油分が多くべたつきやすいです。
反面、高い保湿効果と保護効果があります。

オイルタイプ

肌に優しく少量で高い保湿効果があります。
マッサージするように肌になじませる必要があります。
耳やへそのケアにも使えます。

妊婦・赤ちゃんの肌荒れについて , ,

妊婦さんのスキンケア!

10月 11th, 2014
コメントは受け付けていません。

妊娠中のスキンケアとは?

妊娠中・授乳中は母親が食べた物・飲んだものが直接赤ちゃんに影響を与えます。
そのため、できるだけサプリメントや薬を使わないスキンケア方法を心がけましょう。
サプリメントやスキンケア用品に胎児に悪影響を与えてしまうかもしれないからです。

食べ物でスキンケア

ビタミンCやEには肌をきれいに保つ効果があります。
ビタミンCには、メラニン色素の発生を抑え、コラーゲンを発生させる働きがあります。
ビタミンEには、ホルモンバランスを落ち着かせ、肌の血行を良くする働きがあります。
好みに合わせて、これらの食材を食事に含めてバランスよく摂取しましょう。

衣類でスキンケア

紫外線を極力抑えた対策をしましょう。
妊婦は通常に比べて、肌のバリア機能が低下しているため、シミができやすく、日光によって悪化することもあります。
肌のくろずみを防ぐだけではなく、しわやシミなどの発生を予防することができます。
脱ぎ着がしやすい服装で体温調節をし、汗をかいたらすぐに着替えるようにしましょう。

お風呂でスキンケア

湯の温度は38~39度前後のややぬるめがお勧めです。
熱い湯は皮膚バリアである皮脂を落としすぎてしまいます。
皮膚への刺激を減らすため、体を洗うときには適量のボディーソープを手に取って、良く泡立て、手で洗いましょう。

妊婦・赤ちゃんの肌荒れについて , ,